実験的証拠が示すカモにおける競争下での行動可塑性と体サイズの重要性

Experimental Evidence Shows the Importance of Behavioural Plasticity and Body Size under Competition in Waterfowl

Yong Zhang PLOS ONE October 11, 2016

サイズの異なる種が同じ資源を餌とする場合、恐らく餌取り込み率に負に影響する干渉競争が起きるだろう。種間競争もまた、行動と採餌パッチ選択を変えると予想される。これら行動とパッチ選択の変化を評価するため、我々は、サイズの異なる3種ヒドリガモ(Anas penelope) (~600 g),
サカツラガン(Anser cygnoides) (~2700 g) and ヒシクイ(Anser fabalis) (~3200 g)の飼育カモ類を用いる取り組みを応用した。我々は各種の機能的反応を定量化し、彼らの行動と潜在的な競争者の有無と共にパッチ選択を異なる種の組み合わせを用いて記録した。