カモ類において餌生態は嘴形態多様性の根本的な操縦者

10 / 100

Feeding ecology is the primary driver of beak shape diversification in waterfowl

鳥類間の嘴形態多様性は、多くは採餌行動と餌の相違に適応した結果であるとしばしば仮定されてきた。しかしながら、この仮定は、鳥類多様性のうちの小さな部分集合、主にスズメ目において検査されてきたに過ぎない。さらに、採餌以外の行動上の役割を嘴に与える時、そして採餌に関する嘴の形態よりサイズに関連して特定されたものは、嘴形態多様性 採餌生態 これら形態の相違の原因を機能的に説明する