羽毛パターンの収斂進化的経路

10 / 100

Evolutionary pathways to convergence in plumage patterns

鳥類の羽毛は、表現型収斂の研究に理想的であるのは、同じ羽毛パターンの進化が繰り返したからである。鳥類では羽毛の規則的パターンは3つある(鱗、縞、斑点)。現存の羽毛パターンの発生モデルは、鱗は最も単純な発生機構であり、鱗に比べ縞は、より厳重な制御を要求し、斑点は、最厳格な発生パラメーターを持つ。我々は、パターン形成における厳重さの増大は、パターンの進化軌跡を予測し、それ故に鱗が最初に進化し、続いて縞で最後に斑点が進化すべきであると仮説を立てた。ベイジアン系統遺伝モデルを利用し、水生のカモ類(Anseriformes)と陸生のキジ類(Galliformes)の鳥類系統群における最も華々しいパターンの進化を再現した。