オーストラリアのコガモ類における性的単色性種と2色性種の間での種分化と高められたZ染色体分化

Recent speciation and elevated Z‐chromosome differentiation between sexually monochromatic and dichromatic species of Australian teals

性染色体は潜在的に種分化において重要な役割を持っており、しばしば近縁種間の分化を高める。鳥類において、オスの羽毛に関する形質、メスの選り好み、雑種の適応度は、Z染色体(メスは異形配偶子性のZW)に連鎖する。