メキシコガモとマガモの分化初期段階における種分化のゲノミクスとZ染色体の役割

Speciation genomics and a role for the Z chromosome in the early stages of divergence between Mexican ducks and mallards

種分化は連続した動的な過程であり、この過程の初期段階の生物を研究する事で種分化機構の特定を手助けできる。マガモ(Anas platyrhynchos) と メキシコガモ(A. [p.] diazi)は、近年分化し、雑種化の歴史と分類学的論争の的である分類群である。彼らの進化史を理解するために、遺伝的多様性パターンを特徴づけるゲノム走査を実行した。ミトコンドリアDNA制御領域にまたがる多様性と3523常染色体遺伝子座、172Z染色体連鎖性染色体遺伝子座。