マガモの秋季そして冬季の異質な環境 での資源選択のかねあい

Mallard resource selection trade‐offs in a heterogeneous environment during autumn and winter

動物は適応度が最大化するように資源を選択するが、その利害得失に関しては時空間的に変わりやすいものである。湿地管理の違いは、カモの利用可能資源と狩猟による死亡リスクに影響する。マガモ(Anas platyrhynchos)の局地的分布は、資源の異質性と変動する狩猟リスクに影響される。地域的保全戦略は、第一に非繁殖期の餌資源に影響されたカモ分布様式に焦点を当てる。マガモの資源選択が資源の豊富さ、捕食リスク、あるいはその組み合わせに関連するのか検査するため、我々は、雌マガモ成鳥の秋季冬季の資源選択を研究した。我々は、カナダ、オンタリオ州セントクレア湖の、マガモにとっての資源の重要性を分類し、資源のリスクは、所有権型式と、狩猟によって仮定される攪乱を基に割り当てて、デジタル空間層を開発した。我々は狩猟シーズン前、中、後に先立って、59個体にGPS発信機を背負わせて監視した。そして日中と夜間の資源選択を推定するため離散選択モデルを用いた。