対抗選択に直面する遺伝子流動: アンデスにおけるキバシオナガガモのヘモグロビンサブユニットの高標高での低酸素症適応

Gene Flow in the Face of Countervailing Selection:Adaptation to High-Altitude Hypoxia in the bA Hemoglobin Subunit of Yellow-Billed Pintails in the Andes

Kevin G. McCracken et al. Mol Biol Evol2009 Apr;26(4):815-27.

個体群が局地的に対称的環境に適応していった時、一つの環境のみで高い適応度を持つ対立遺伝子は恐らく急速に他の環境に適応した個体群から取り除かれるだろう。そのような遺伝子流動は部分的に制約されている。選択が強ければ強い程、適応度の低い移入対立遺伝子はより急速に個体群から取り除かれるが、非連鎖遺伝子座の遺伝子流動の継続が起こり、相殺する遺伝子流動に直面するが、選択が相対的に移住より強ければ、適応的多様化の進行が可能だろう。我々は、南米アンデスにおいて対照的な酸素分圧を経験するキバシオナガガモ (Anas georgica)の主要なへモグロビン遺伝子の集団遺伝学を研究した。異なる染色体の連鎖グループの7個の中立と推定される遺伝子座における高い遺伝子流動と弱い個体群細分化は明白であった。それとは対照的に、βAヘモグロビンサブユニットのアミノ酸置換(Ser-b13, Ser-b116,Met-b133)では、有意に高い固定指数FSTで個体群は標高によって、高標高、低標高に分離した。