狩猟対称種の系統地理学:アカハシハジロ とその管理と結果

Phylogeography of a game species: the red‐crested pochard (Netta rufina) and consequences for its management

L. GAY, Molecular Ecology (2004) 13, 1035–1045.

アカハシハジロ (Netta rufina) 西ヨーロッパ個体群は、狩猟への感度を加速する、小型サイズで高度な断片化で特徴づけられた。これら個体群の人口統計学的傾向の不確実性は適切な狩猟制限の必要性を強調する。これには、搾取される個体群の限界の特定が必要である。遺伝構造レベルと断片化した西ヨーロッパと大型の中央アジア個体群間の人口統計学的独立性の評価のために、我々はミトコンドリアDNA制御領域と7個の核対立遺伝子座i (4マイクロサテライト、3イントロン)の残りの領域を利用した。第2の目的として、西ヨーロッパ個体群の入植の歴史を調査することである。