カモゲノムとトランスクリプトームが与える 鳥インフル貯蔵種への洞察

The duck genome and transcriptome provide insight into an avian influenza virus reservoir species

Yinhua Huang et al. Nat Genet 2013 Jul;45(7):776-783.

マガモ(Anas platyrhynchos)は、インフルエンザAウイルスの主要な自然界の宿主である。我々は、このカモのゲノム塩基配列を公開し、(Anas platyrhynchos)は、インフルエンザAウイルスの主要な自然界の宿主である。我々は、免疫関連遺伝子を調査するため、このカモのゲノム塩基配列を公開し、深いトランスクリプトーム解析を実行する。このデータは、マガモは、ニワトリやゼブラフィンチのように、収縮性の免疫遺伝子レパートリーを持つことを示し、そしてこのレパートリーは系統特異的な遺伝子重複を通じて形成されてきた。我々は、カモを制御する肺トランスクリプトームを利用するインフルエンザAウイルス、高病原性 (A/duck/Hubei/49/05) あるいは低病原性 (A/goose/Hubei/65/05) のH5N1 ウイルスのどちらかの感染、に応答する遺伝子を同定した。さらに、カモのインフルエンザ感染に対する防御機構の様式を示す。βディフェンシン、ブチロフィリン