コスズガモとスズガモ個体群における混合個体の世代クラス特定

Becoming pure: identifying generational classes of admixed individuals within lesser and greater scaup populations

雑種化頻度の推定は、その進化的結末と、保全努力への影響を理解する上で重要だ。本研究は、スズガモのなかま二つの姉妹種の雑種化の範囲を調査した。ミトコンドリア制御領域の塩基配列と3589double-digest restriction-associated DNA(ddRADseq)を、野生のコスズガモ(Aythya affinis)とスズガモ(A. marila)の混合ADMIXTUREを特定するために利用した。111個体間において我々は、コスズガモのミトコンドリアDNAハプロタイプに一つの遺伝子移入ハプロタイプと、4個をスズガモに発見した。同様に、常染色体DNAからのサイト周波数スペクトルに基づき、遺伝子流動は、コスズガモから高率でスズガモへの非対称であった。しかしながら、核DNAにddRADseqを使用すると、全個体をそれぞれ該当する種に事後確率95%で割り当てられた。混合の検出力を検査するため、経験上のデータを使用してF1雑種と9世代(F2-F10)を創造した。これにより繁殖実験をシミュレーションした。F1雑種とF2、F3 、F4の戻し交配は純粋な個体と明らかに区別できたが、混合の歴史的証拠は、4世代後は効果的に消失した。従って、コスズガモ2個体スズガモ19個体への種間割り当て確率は、F3世代を超えた混合の歴史と一貫していた。これらの結果は、野生状態での雑種化確率は低く、大半が非対称的である事を示す。種特異的な場合への適用では、我々の取り組みは雑種化に対する保全努力の調査で強力な効用を発揮する。特に、混合の歴史が戻し交配によって効果的に消失するまでの世代時間の決定においては。