倒立採餌ガモはひとかえり雛の部分的な喪失後に巣防衛を増加する

Dabbling Ducks Increase Nest Defense After Partial Clutch Loss

Kevin M. Ringelman1 and Monica J. Stupaczuk Condor 115(2):290–297. 2013

捕食は、倒立採餌ガモの巣における死亡の一番目の原因であるので、親の投資重要項目は、捕食者からの巣の防衛である。巣におけるメスの存在は、巣防衛の良い手段と広く考えられている。孵卵メスは巣を偽装し、物理的に捕食者を抑止する。親の投資理論は、投資は現在の一腹卵数から予想される繁殖利益の増加に伴って増加すべきと示唆する。我々は巣温度ロガーを、捕食者による巣の部分的破壊後のカモの孵卵リズム様式を研究するために利用した。期待される利益仮説とは対照的に、我々は、メスが一服卵数の部分的喪失後に投資を有意に増加したことを発見した。彼らは、一日当たりの孵卵から孵卵の休息をより少なくし、部分的略奪行為後は200分以上の孵卵を延長した。我々は、捕食者が孵卵成鳥に少しの危険を課した時、メスはひとかえりヒナの部分的喪失後に巣放棄が出来ないあるいは望まず、少なくとも多少の繁殖利益を手に入れるために部分的に投資を増やすことを示唆する。