新世界ウズラとカモにおけるメス偏向出生地忠実性と種内托卵の社会的類似

Female-biased natal philopatry, social parallels, and conspecific brood parasitism in New World quails and waterfowl

Malte Andersson Auk COMMENTARY Vol 135, 2018, pp. 25–28.

ヒナ併合Brood mergingと種内托卵は、一部のカモ類や新世界ウズラでは一般的である。従来は認識されていない、メス偏向出生地忠実性と局地的近縁性の間の奇妙な類似性は、托卵とヒナ併合が、間接的に包括適応度を増加させるかもしれない。新世界ウズラは、托卵とヒナ併合におけるメス偏向出生地忠実性の役割を検査するための希少な可能性、社会性の別側面、これら形質の進化の明確化の補助、を提供する。

カモ科は鳥類では珍しく、オスではなくメスが