春季渡りでカモ緑の波乗り失敗

59 / 100

Stochastic simulations reveal few green wave
surfing populations among spring migrating
herbivorous waterfowl

Xin Wan et al. NATURE COMMUNICATIONS (2019) 10:2187

季節的変化する資源の追跡は、動物の季節的移住を下支えする究極的機構として幅広く行き渡っていると見做されている。例えば、渡り行動は、大きな空間スケールでの季節的開葉動態を追跡すると仮定されている。この緑の波仮説の従来の研究では、数種を含んだ地理的限定されており、従来の代替的相関効果を解放できない相関関係を利用していた。ここで我々は、仮説検定のために確率論的シミュレーションを導入する。幅広く行き渡っていると見做されている。例えば、渡り行動は、大きな空間スケールでの季節的開葉動態を追跡すると仮定されている。この緑の波仮説の従来の研究では、数種を含んだ地理的限定されており、従来の代替的相関効果を解放できない相関関係を利用していた。ここで我々は、仮説検定のため、ヨーロッパ、東アジア、北米を通したガン、ハクチョウ、倒立採餌カモ10種14個体群の222個体春季移住エピソードを使って確率論的シミュレーションを導入する。緑の波は、春季移住を行う草食性カモ類の偏在している操縦者と考えることはできない。それは、観測された季節移住パターンのうち特定地域の少数の草本食の個体群の説明に留まるのだ。我々は、生態的障壁と特に人間による攪乱は、草食性カモ類の、ある種の地域における緑の波追跡能力を制約し、渡り鳥の保全の鍵となる課題であることを示唆する。